クラゲ水槽メンテナンス日記


2017.06.29

「20年ほど前に買った水槽のクラゲが動かなくなりました」と、電話をいただいたのでポンプ交換のメンテナンスに行きました。
20年前は、まだクラゲ屋さんではなかったので、15年くらい前の水槽かなと思っていたのですが、型式を見るとやはりそのくらい前のものでした。
想芸館から直接買ってもらったのではなく、水槽の照明装置を作ってもらっていた会社から購入してもらったものでした。

ポンプが壊れてしまっていたので、新しいポンプと交換しました。
15年前と比べると部品も細かく仕様が変わっています。
使える部分はできるだけ残し、小技を使ってポンプを取り付けました。
それにしても15年もこのポンプは持ってくれたのですね。
ポンプ、お疲れさまでした!

ポンプは当たり外れがあって、壊れるものは数ヶ月で壊れることがあります。数週間経たないうちに動かなくなることも。
クラゲは何年か前に壊れてしまったので、買い直してくださっていたようです。
水槽セットは15年前に購入いただいたのに、このお客様のところにメンテナンスに行くのは初めてでした。

メンテナンス付きクラゲ水槽レンタルの仕事をしていなかった頃は一括販売のみしていました。
そうしたお客さんのところに呼んでもらってメンテナンスすると、水槽がドロドロになっていることが多いのですが、こちらの水槽は結構綺麗なのでびっくりしました。
「水を替えるのは大変ですけど、結構頑張ってメンテナンスしてきました」
と言っておられました。

「クラゲの評判いいので、いろいろ人にも紹介しましたよ」
経理をしている奥さんに聞いてみると、ついこの前もこの方から新しいお客様をご紹介していただいていたとのことでした。
メンテナンスで出かけて行って、古くからクラゲと付き合ってきてくださったお客様と話をすると、この仕事をしてきてよかったなあという気持ちになります。

お申込み、お問い合せはお電話かお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。