クラゲ水槽メンテナンス日記


工房
台風のあと
2018.09.25

〜台風24号〜

台風24号の動きが気になります。このまま西に流れていくのか、日本に近寄ってくるのか、どちらに向かっても向かった先で大変なことになるので、海の上で消滅してくれれば良いのですが(昨日テレビで初めて知りましたが、たまにそんなこともあるそうです)、海水温が高いので猛烈に発達しそうだということです。この先の動きの予測はいろいろと別れていますが、高松に<浮遊するアート展>の撤収に行く日に直撃するかもというコース予想もあります。

年間延べ100件近くレンタル水槽の設置やメンテナンスで出張を繰り返していますが、不思議なことにあまり台風や大雨で困った記憶がありません。しかし昨年の沖縄での展覧会と今年の高松での展示と夏に行う展覧会は連続で搬入出のときに足止めを食らっています。

制作スタッフさんが台風消滅の札をつくって工房に貼ってくれました。彼女は書の作家さんでもあります。素晴らしい出来栄えです。よく見ると2体のクラゲが上下から台風の眼を挟み込んで消滅させようという絵になっています。そんなパワーのあるクラゲを作ることができたら、癒しのクラゲ以上に皆さんに喜んでいただけることでしょう。

台風で思い出しましたが、維新派の松本勇吉さんが野外劇のときに台風が来るのを喜んでいたという話を聞いたことがあります。「風が吹くと面白いやろ」と、舞台を見下ろす野外劇の照明席でそんな話をしていたというのです。そんな心境になりたいものです。台風の動きを読むのを楽しみながら作業をしてきたいと思います。

お申込み、お問合せはお電話か
お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。0742-30-0350 (月-金 9:00〜17:00)

0742-30-0350(月-金 9:00〜17:00)

PAGE TOP