クラゲ水槽メンテナンス日記


興福院
2020.04.05

両親から電話があり、「今日これから興福院という寺へ自転車で行くつもりだけど、興福院は行ったことがあるか?」出かけることの多い両親ですが、行ってきたという話を後から聞くことはあっても、行く前に聞くことはほとんどありません。ふと両親についていこうと思って、私も出かけることにしました。

興福院は私の卒業した高校のすぐ近くにありましたが、はじめて見る場所でした。ひさしぶりに母校にも寄ってみました。父は今まで私の卒業した高校を見たことがないらしく、「意外と広いな」と感想を言いました。家から自転車で二十分ほどで行ける距離ですので、見たこともなかったとは少し驚きました。私が高校生の頃は、父は仕事が恐ろしく忙しかった時期ですからそれも仕方がないのかもしれません。どんなに熱があっても這ってでも会社に行くと、休んで家にいる父の姿を見たことがありません。数十年前はそれが当たり前だと思っていました。興福院の門に座っているとき、そんな父から「仕事で無理をすることはないぞ」と言われて不思議な気持ちになりました。

自分の仕事のことをつらつらと考えてみました。
人工クラゲ水槽のメンテナンスは不要不急の仕事なのでしょうか。
このまえ、15年間置いていただいていた水槽を引き取りに行ったとき、お客様が水槽の前で記念写真を撮ってくださっていました。「ずいぶんと癒してもらいました」と言っていただいて、泣いてくださいました。

流行している新型コロナウイルスには、現代の医療では決めてになる薬はまだありません。混雑する病院の待合室で、人工クラゲ水槽を見てもらうことで、少しでも免疫アップになるかもしれません。
レンタル水槽のメンテナンスが必要だと呼んでいただけたら、頑張って行こうと思います。

お申込み、お問合せはお電話か
お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。0742-30-0350 (月-金 9:00〜17:00)

0742-30-0350(月-金 9:00〜17:00)

PAGE TOP