五感と癒しについて


人は生まれながらにして五感を備えています。日常生活では、五感を使ってあらゆる情報を得ています。
そして、私たちは五感から癒しを得ています。ここでは、五感と癒しについて考えてみたいと思います。

視覚と癒し

五感のひとつである視覚を司っている感覚器官といえば「目」です。私たちはほとんどの情報を視覚から得ているといわれており、「目」を持っているからこそ、ものを見ることができます。キレイな夜景や新緑の景色で心も体もリフレッシュできるのは、全て視覚があるからです。

聴覚と癒し

私たちが音を聞くことができるのは聴覚が正常に機能しているからです。川のせせらぎや小鳥のさえずり、癒しの音楽に耳を傾けることで、最高の癒しを体感することができます。視覚からも多くの癒し効果を取り入れることができますが、聴覚ならではの癒しも私たちの心に大きく作用します。

嗅覚と癒し

心地良い香りは心身ともに私たちを癒してくれます。「情報伝達」という観点から比較してみると、視覚・聴覚に多少劣る部分もあるかもしれませんが、香りがもたらす癒し効果には絶大なものがあります。自然の恵みから生まれたアロマは、私たちの脳・心・体に働きかけ、心身ともに癒してくれます。また、ふと懐かしい香りが漂い哀愁に浸ることができるのも、全て嗅覚があるおかげです。

味覚と癒し

好きな食べ物を味わうことができるのは、味覚という感覚機能が働いているからです。程よい酸味と甘さは私たちの疲れた体に働きかけ、辛味は私たちの食欲を促進し、食事による幸福を至福へといざないます。「生きるための食事」ではなく「喜びを感じながらの食事」を届けてくれるのが味覚です。

触覚と癒し

五感と癒しについて

「触覚」という言葉は非常に曖昧で多義的なものですが、外界からの刺激を肌で直接感じることができるのは触覚によるものです。触覚があるからこそ、私たちは暑さや寒さ、痛みを感じることができ、体の異変を察知することができます。自己防衛的な役割が大半を占めているといえますが、温かいものを食べて癒されたり、お風呂でほっこりできるのも触覚のおかげです。

ひとつひとつに焦点を当てて五感と癒しについてご紹介しましたが、本来なら複数の感覚器官が私たちに働きかけ、癒しを届けてくれます。例えば、食事は私たちに喜びを与えてくれますが、これは料理の「見た目」「香り」「味」によるものだといえます。つまり、「視覚」「嗅覚」「味覚」が複合的に作用し、私たちに癒しを届けているということなのです。

視覚による癒しに

大阪や東京で視覚による癒し空間を演出したいという方は、当工房の水槽レンタルサービスをご利用ください。 水槽レンタルサービスではアクアリウムの落ち着きある色彩が、私たちに癒しを届けてくれます。 病院の待合室はもちろん、レストランや整体院など、さまざまな場所で癒しの空間を演出してくれます。