実際のクラゲ飼育で発生しやすいトラブル


優美な動きで人気の「クラゲ」を実際に飼育する際には、生き物故の様々なトラブルが発生する可能性があるのです。

クラゲの傘に気泡が入り込んだ

生きたクラゲを飼育する際には、水中に空気を送り込むエアーポンプを使用します。そのポンプから出た空気の泡が泳いでいるクラゲの傘の内側に入り込んでしまうことがあります。何の害もないように感じるかもしれませんが、この気泡を放っておくとクラゲの傘を破ってしまう可能性があります。体が透明なクラゲの傘に入り込んだ気泡を見つけるためには、定期的に注意深く観察する必要があります。

クラゲの泳ぎ方の異常

クラゲ

海水での飼育となるクラゲは、水質によって泳ぎ方に異常が発生することがあります。
よくあるケースが、底に近い場所で泳いでいることです。これは水槽内の塩濃度が低すぎるために発生することが多く、海水の濃度を調整することで解決できます。また、完全にひっくり返ってしまうこともあります。このケースでは、水槽内の海水を入れ換えたり水質調整を行う必要があります。

水質の変化

エサを与えることで水が濁ったり、苔が発生してしまうことがあります。視覚的な美しさが魅力のアクアリウムでは、水質の濁りや苔の発生はすぐに対処したいトラブルと言えます。水質の変化では、やはり海水の入れ換えが必要となります。しかし、水槽内の海水を入れ換える作業はいくつかの工程を踏む必要があるため、手間と時間が必要となります。手間と時間に制約がある方にとっては、対処法を知りたい部分でもあるのです。

当工房では、人工クラゲのインテリア水槽リースを行っております。生きたクラゲとそっくりな幻想的な外観と優美な動きで、空間を素敵に演出するアートです。特殊な素材を使用して精密な工程によって制作しておりますので、本物に引け劣らない存在感と美しさがあります。「生きたクラゲを飼うことは不安だけれど、やっぱりあの幻想的な姿を身近に感じたい」という方におすすめです。ご自宅だけではなく、店舗や病院など様々な場所・シチュエーションでご利用いただけるリースです。設置・定期的なメンテナンス・トラブル時の部品交換等がセットになっておりますので、クラゲ水槽を常に美しい状態に保ち長期に渡り快適にご利用いただけます。

お申込み、お問合せはお電話か
お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。0742-30-0350 (月-金 9:00〜17:00)

0742-30-0350(月-金 9:00〜17:00)

PAGE TOP